セックスで結びつく友人関係(?)のセックスフレンドが、いつしか恋人関係へと進展してしまうのはよくある話。
通常の恋人関係では、知り合って~交際が始まって~セックスする、という流れでしょうが、セックスが最初で恋人関係が後というのは不思議な感じですが、実際にはさして珍しい事でも無さそうです。

人は身体の相性が馴染んでくると、心の方も距離が縮まる生きモノなのでしょう。
セックスフレンドと割り切ったスタ-ト出逢ったにせよ、互いの心が惹かれ合えば、恋人関係へと進展以降するのは自然な流れ、と言えます。

出会い系サイトなどで知り合ったカップルには、意外とこの順序を辿った2人が少なくないかも知れませんネ。
最初は単なる遊び目的のセックスフレンド立ったのが、互いに「良い子だな?」「素敵な人」って感情を抱きあい、気が付けば恋人同士になっているパタ-ン。
セックスフレンドにセックス以外を求めてはならない、という決まりはありませんが、面倒な事は勘弁して欲しい人がいるのも事実です。
互いが同じ気持ちを相手に対して抱きあうのが恋人ですから、片方は相手をセックスフレンド、もう片方は恋人と思っている関係も存在するでしょう。

セックスフレンド≠恋人。
しかしセックスフレンド→恋人。
この図式となりそうです。

セックスフレンドは当然、セックスが好きだから、の関係ですが、感情のこもった恋人同士のセックスとの違いに互いが気付き始めれば、それはセックスフレンドから恋人関係への進展の1歩、だと言えるのかも知れませんネ。