どこにでもいる女の子をセックスフレンドにできる、そんなセックスフレンドの作り方です

普通の女の子 セックスフレンドの作り方

突然ですが、皆さんはセックスフレンドの作り方とか、セックスフレンドになる女の子とかに対してどういうイメージを持っていますか?

例えば巷でよく言われているのは、看護師や保育園の先生のように女性の比率が高くて、しかもストレスの溜まりやすい職業に就いている女の子を狙う、とかでしょうか。

確かに、日頃からストレスを溜めている子や、出会いの少ない子とはほんの少し話しただけですぐに仲良くなれるので、セックスフレンドの作り方としては間違いではありません。

しかし、逆に言えばそういった条件の女の子を探して出会わないと実行できない、非常に限定的な方法でもあるんですよね。

つまり、そもそもそういった知り合いがいなかったり、そういう境遇の子と出会える環境が揃っていなかったりすると、上述したセックスフレンドの作り方というのは使い物にならないんですよね。

そうではなく、どんな相手にも使えて、しかも効果の高い方法こそ、本当に役に立つ方法だと言えますよね。

ですので今回は、比較的どんな相手にも使える汎用性の高い、そんなセックスフレンドの作り方をお教えしようと思います。

セックスフレンドの作り方① セックスフレンドになってくれそうな女の子を探す

セックスフレンドの作り方の第一として、やはりセックスフレンドになってくれる女の子と出会わなければなりません。

私がセックスフレンドにしやすいと思う相手は、大抵次のような感じですね。

過去に別れた彼女(元カノ)

メールやLINEのやり取りができるぐらいの知人、友人
インターネットを通じて知り合った女の子
その他、出会いの場で知り合った女の子
改めてラインナップしてみると、まぁ大抵の女の子が私にとってはセックスフレンド候補です。

このように、職業やこれまでの恋愛経験とかは全く気にせず、単純に、比較的自分と仲が良い女の子ならセックスフレンドにできます。

ですので、もしもこれからあなたがセックスフレンドを作ろうと思っているのなら、こういった子を身近に作ることがセックスフレンドの作り方の第一歩ですよ。

セックスフレンドの作り方の注意点① 探し方には注意!

ただこの時、「僕とセックスフレンドになってください!」などと言って探すのは、間違ったセックスフレンドの作り方です。

というか、どんな場合においても最初からセックスの匂いを感じさせてはいけません。

元カノだろうが友達だろうが、20歳の女子大生だろうが40歳の人妻だろうが、相手に心を許した結果として服を脱ぐのであって、セックスありきで出会いを求める男とはそもそもの感覚が違うのです。

なので、最初は友達や恋人を探す時のように丁寧に接することが、上手なセックスフレンドの作り方ですよ。

セックスフレンドの作り方② アプローチをかける

セックスフレンドの作り方、2つ目は相手と仲良くなることです。

この時、相手との現在の距離感によって攻め方が大分違ってくるのですが、私が実践しているセックスフレンドの作り方は大体次のような括りで考えています。

元カノのように、過去に肉体関係を持ったことがある相手

元カノは確かにセックスフレンドにしやすいので、セックスフレンドの作り方としてはお手本のような存在なのですが、逆に言えば一度別れた相手なので確執が生じやすい相手でもあります。

例えば、仲が良いからといって調子に乗って毎日メールやLINEを繰り返していたら、さすがに「ウザい」と思われてしまうことでしょう。

だって、もう別れた相手ですからね。

ですので、例えば数ヶ月に1回連絡をするぐらいの感覚でアプローチを続けるのが丁度良いです。

ちなみに私は半年に1回ぐらいの頻度で、「元気ー?最近暑い(寒い)ねー」のようなメールを送って様子を見ていました。

そうして相手からメールの返事が来れば脈アリと判断しますし、返事が来なければまた半年後・・・といった感じでローテーションしていました。

このように気長に続けることも、セックスフレンドの作り方のコツでしょうね。

友人、知人のように、中途半端な距離感の相手

ここは場合によっては攻めづらいラインでもありますね。

どれだけ相手との信頼度が築けているかでセックスフレンドへの誘導のしやすさが違うのですが、私がここを攻める時は「あわよくばセックスフレンド」という考え方で接しています。

なるべく相手を怒らせないように、「今なら冗談だと思って聞き流してあげてもいいよ?」と相手に思ってもらえるように慎重に外堀を埋めていきます。

あまり積極的に攻めこむと、最悪の場合その相手と繋がっている人全てとの人間関係が崩れてしまうため、セックスフレンドの作り方に不慣れな内は止めておくのも1つの考え方ですね。

ちなみに、相手と知り合った時から自分のことを「真面目(仕事はできる)だけど軽いやつ」みたいなキャラで印象づけてあるのであれば、友人や知人をセックスフレンドにするのは簡単でしょうね。

その他出会い系で知り合った相手など

インターネットや出会い系サイト、マッチングサービスなどで知り合った相手は元カノと同じぐらいセックスフレンドにしやすく、また友人や知人を相手にする時のような遠慮もいらないので、とても楽ですね。

こういう相手をセックスフレンドにするには、最初から「あなたに好意を持ってますよ」ということをさり気なく伝えていきます。

例えば、「もし良ければ、近いうちにご飯に誘って良いかな?」のような、本当にさり気ないセリフ回しがそれですね。

セックスフレンドの作り方の全般を通して言えるのですが、あくまでも紳士的に受け答えをするというのがとても重要になります。

逆にそれさえ完璧なら、非常にセックスフレンドにしやすいのがこの層なので、ここは必ず押さえておきましょう。

※ちなみに、出会い系サイトで女の子を探すなら「女の子に人気のある優良出会い系ランキング」も参考にしてみてください。

セックスフレンドの作り方③ 2人きりで行動する

セックスフレンドの作り方の3つ目は、ターゲットの子と2人きりで行動する時間や機会を設けることです。

これは相手との信頼関係ができていれば比較的簡単で、「今度一緒にご飯食べに行こう(お酒飲みに行こう)」のように誘い出せばOKです。

この時、誘い出す時間帯は昼間ではなく、日の落ちる夕方から夜にかけての時間帯を選ぶようにしましょう。

これは人間の体の仕組みにも直結する話なのですが、人間って太陽の光の下では本能よりも理性の方が強く表に出てくる傾向にあるんです。

逆に日が落ちて夜になると、生物としての本能が前面に出てくるのですね。

「夜は大人の時間」というのは結構理に適った話なんです。

ですので、相手も自分も感情的になりやすい夕方から夜の時間帯を選ぶのは、セックスフレンドを作る上ではもはや必然と言えるでしょう。

セックスフレンドの作り方の注意点② 相手の三大欲求をコントロールしよう!

この時、遊園地などのように人混みの多いところに出かけるよりは、シンプルに2人で食事やお酒に誘った方が、セックスフレンドの作り方としては正解に近いです。

というのも、人間の三大欲求は「食欲」「睡眠欲」「性欲」ですが、この内食欲と睡眠欲は性欲よりも強い傾向にあります。

ですので、遊びに体力を使い過ぎてしまうと、お腹が空きますし、相手も疲れで眠くなってしまうため「疲れたからまた今度ね(笑)」と肝心なところで躱されてしまう可能性があるのです。

逆に食事やお酒なら、食欲は満足させられますし、そこまで疲れるようなことでもないので睡眠欲も抑えることができます。

つまり、残る欲求は性欲だけ、簡単な話ですよね?

セックスフレンドの作り方④ ラブホテルに誘う

セックスフレンドの作り方の4つ目、いよいよ女の子をラブホテルに誘いましょう。

ラブホテルに誘うタイミングとしては「セックスフレンドの作り方③」で一通り楽しい時間を過ごした後です。

私の場合ですが、例えば18時ぐらいから2人でお酒を飲んでいたとしたら、20時ぐらいに一軒目のお店を出て「ラブホテルに行きたい」とストレートに伝えてしまいます。

こう言うと大抵の相手はびっくりしたような顔をするのですが、この誘い方で失敗するのは10人に1~2人ぐらいですね。

滅多に失敗しない良い方法ですよ。

※この辺りのテクニックについては「出会い系で出会った女の子をどうやってラブホテルに誘えば良いですか?」に詳しく載せてあるので、そちらをご覧ください。

セックスフレンドの作り方⑤ そのままの関係を続ける

一度既成事実を作ってしまえば、後はそのままなし崩し的に「一緒に遊ぶ→セックスする」という関係を作ってしまいましょう。

そのためにも、最初にラブホテルでHをした後に相手の顔を見ながら、「また誘って良い?」のように言質を取っておきましょう。

すると大抵の子が「・・・良いけど、Hだけじゃ嫌だよ?」のような反応を返してくれます。

仮にそう言わなかったとしても、女の子は自分の体だけが目的とされるのをとても嫌がります。

ですので、ここではあえて「H無しでも良いよ、また遊ぼう」のように言って、体目的ではないとアピールしましょう。

そうするだけで、相手の子は簡単に心と体を許してくれるようになります。

セックスフレンドを作らないことが一番のセックスフレンドの作り方

最後に、セックスフレンドを作ろうと思って行動する限りは、都合の良いセックスフレンドを作ることはできません。

これは「セックスフレンドの作り方の注意点①」でも述べたように、男と女では性に対する考え方や感じ方が全く違うからです。

そうではなく、相手のことを恋人と同じぐらいに本当に好きになってあげることが、最も上手で効果的なセックスフレンドの作り方と言えます。

私はそういう考え方でセックスフレンドの作り方を実践することで、過去に30代・40代の人妻を完璧にセックスフレンドにしていましたし、これを書いている今現在も22歳の女子大生をセックスフレンドにしています。

この子たちはそれぞれ言葉こそ違えど、「こんなに大事にしてくれるなら、このままの関係でも良い」というようなことを私に言ってくれていました。

どうでしょうか?

世間一般的に語られる男性優位のセックスフレンドの作り方ではなく、あえて女性優位のセックスフレンドの作り方を展開することで、相手の方から「セックスフレンドになりたい」と思わせることができるのです。

相手に惚れさせて股を開かせる、これこそが真のセックスフレンドの作り方ですよ。

皆さんも色々がんばってみてくださいね☆